転職時の内定辞退に関する説明

企業から出された採用の通知を断ることを、内定辞退と言います。

内定辞退をされると、企業側はもう一度求人募集をやり直さなければならず、あまり好ましい事とは受け取られないです。

しかし、複数の転職先の企業から内定の通知が出た場合は、止む終えず内定辞退をする必要に迫られる事があります。

このような状況の場合は、社会人として一定の礼儀とけじめをつける必要があります。

辞退する上で大切なのは、相手先の企業に迷惑をかけない事と不快な思いをさせない事が重要です。

転職の意思がない場合は、なるべく早めに辞退の連絡を行う必要があります。

転職の受諾を引き伸ばしたり、曖昧な返事をしてしまうと相手に誤解を与えてしまい辞退の話も切り出しにくくなるからです。

内定を断る理由の説明も、相手が気に入らない等の不快な発言は控えて理性的に言葉を選んで発言する必要があります。

転職先の会社の名前を出してしまうと、会社同士の関係に悪影響が出る場合もあるので、基本的には出さない方がいいです。